RT Box ControlCard Interface

RT Box LaunchPad Interfaceの図

ControlCardインターフェースによって、RT BoxとTexas InstrumentsのさまざまなControlCard評価モジュールを簡単に接続することができます。 ユーザーは、独自のインターフェースハードウェアを構築せずに、RT Boxと組み合わせて、C2000 MCUに実装された制御アルゴリズムをテストすることができます。 ControlCardインターフェースボードのピンアサインは、次の開発キット用に最適化されています。
skip_nextPiccolo controlCARDs (28027, 28035, 28069, 28075)
skip_nextDelfino controlCARDs (28335, 2837xD)
skip_nextConcerto controlCARDs (F28M35, F28M36)

全てのRT BOX出力信号は、MCUを過電圧から保護するためにバッファされ、ローカルオペアンプはMCU ADC入力に低インピーダンスのソースを提供します。 外部JTAGアダプターは、14ピンヘッダーを使用してMCUに接続できます。各ControlCardは絶縁されたCANドライバーに配線接続することによって、ControlCardと外部機器間の通信が可能になります。

このボードはさらに、BNCを介してRT BOXの3つのアナログ出力に直接アクセスし、基本的なユーザーI/O用の4つのスライドスイッチとLEDを備えています。


ControlCardインターフェースのユーザーマニュアル(英語)は、以下からダウンロードできます。

PLECS RT Box のその他の外部H/W接続用インターフェースについては以下をクリックしてください。

skip_nextアナログ・ブレークアウト・ボード
skip_nextデジタル・ブレークアウト・ボード
skip_nextLaunchPadインターフェース