カスタムコンポーネントの作成方法 その2